主婦キャッシングの返済|主婦キャッシングBEST

キャッシングの返済について考えてみよう!

キャッシングができたことで、本当に救われたということもあります。
しかし逆にキャッシングのよって大変なことになってしまったという人もいます。
つまりキャッシングをどのように使うのか、どのようにキャッシングの返済を考えていくのかということで、キャッシングの価値も変わってきてしまいます。
もう少しキャッシングの返済についてしっかり考えてみましょう。

 

キャッシング返済の期間

普通の専業主婦であれば銀行系のカードローンなどで、簡単に借りられる場合はだいたい10万円未満が多いようです。
確かにこれなら夫の承認などなくても、簡単に借りて生活費から返すことができそうです。
まずキャッシングをするときには返済の期間を考えるようにしましょう。
例えば10万借りて2万ずつ5ヶ月で返済するという方法があります。
でも出来ることなら最初は3万円の借金を1万円ずつ3ヶ月で返済するのがおすすめです。
1万円なら毎月も楽であり、3ヶ月という短期間で返金することが利子のことも考えると妥当ではないでしょうか。

 

専業主婦の3、5、10、の法則

専業主婦のカードローンのキャッシングには、1つの法則があると言われています。
つまり最初は3万円、次は5万円、そして次は10万円を借りるというケースが多いとのことです。
最初は初めてということもあって3万円だけ借りてみる。
それが楽に返せるようになると次は5万圓借りてみる。
それも何とか楽に返せると分れば、次はもう最高額の10万円借りることになるということなのです。
これでも分るように、カードローンは1回借りるとそれ以降どんどんするようになっていきます。
だんだん借金している状態が、普通だという感覚なっていってしまう危険があるのです。

 

返済方法で借金地獄にはまらないようにする

このような錯覚に陥らないためには、3万円でも5万円でも10万円でもいくらキャッシングしても、必ず3ヶ月で返済をすると決めてしまうことです。
そうすることで、1ヶ月1万円しか返済できない人は、3万までしかキャッシングできないことが自覚できます。
逆に10万円借りても3ヶ月で悠々返金できるなら、それがその主婦の力ということになります。
そのようにしていかないと、一つの金融機関への返済ができなくなると、他のところでまた借金をするということになってしまい、借金地獄なんてアッと言う間に落ちてしまいます。
つまり利息をどんどん無駄に払い続けることになり、最後には借金地獄になってしまうのです。
返済の方法を厳しく自分に科すことができなければ、カードローン自体がとても危険なことになります。
10万円のキャッシングでも次の月に返せる見込みがあるような主婦なら、10万円借りても何の問題はないのです。
どうしても持ち合わせがないときに利用でするなどカードローンはとても便利です。

 

主婦キャッシング一覧はこちら