パート主婦のキャッシング|主婦キャッシングBEST

パート主婦のキャッシングについて

今はパートをしている主婦もたくさんいるので、そのような主婦はどのような融資を受けることができるのでしょう。
専業主婦との違いなどを比べながら考えてみましょう。

 

専業主婦とパート主婦との違い

2010年の法律の改正によって、収入の3分の1までが融資の限度額ということが決められました。
この法律の対象は一般の消費者金融となります。
つまり消費者金融では専業主婦は収入がゼロなので、まったく貸し付けることができなくなったのです。
しかしパート主婦の場合は、不安定とは言っても収入があるので、年収の3分の1までは融資できるわけです。
ただし消費者金融によっては、パートは不安定収入ということから30万までの融資しか受けられないなど、業者によっていろいろ違いがあるようです。
しかし専業主婦とパート主婦の違いの一つとして、消費者金融でのキャッシングができるかできないかは大きな違いです。
もちろんどちらの主婦でも、消費者金融で配偶者の収入を担保にした融資商品はあります。
その場合は夫の収入確認、本人確認などいろいろな書類が必要になり、自分単独で融資を受けるというものではありません。

 

パート主婦のカードローンはどちらがおすすめ?

パート主婦の場合、消費者金融でも融資を受けることができる可能性もありますが、収入の3分の1ということで、例えば年収103万円に抑えている人の場合は34万までということになります。
逆に銀行系のカードローンであれば、収入の3分の1という法律などはまったく関係なくなります。
しかしパートは不安定な収入だということで、専業主婦と同じ低額カードローン的なものに限定されることもあり、限度額が10万円未満に限定された商品の利用などになることが多くなります。

 

しかし何年も同じパートを続け、今まで安定して年収を得てきた場合は、書類が揃えばそれに見合った融資が受けられることもありますが、銀行系の方がやはり消費者金融よりハードルは高く設定されているようです。
それぞれの金融機関を調べてみて、比較してみることをおすすめします。
しかし銀行系の場合は安心度が高いということもあり、10万未満の融資で済むなら銀行系の方がいいかも知れません。
あとは利子の問題など、細かいところをチェックしてみるといいのではないでしょうか。
また即日融資も、銀行系ではあまり行ってないようなイメージを持っている人も多いようですが、銀行系でも即日融資ができるところもあるのでいろいろ調べてみましょう。

 

主婦キャッシング一覧はこちら