専業主婦のキャッシング方法|主婦キャッシングBEST

専業主婦のキャッシング方法について

専業主婦の借金事情は2010年から大きく変化しています。
法改正として賃金法施行が行われたことで、専業主婦の借金借り入れが安全になったとも言えます。

 

法律の改正

2010年の6月18日に改正貸金業法によって、それ以前とは専業主婦への借金事情は随分変わりました。今までは消費者金融では、専業主婦に対しても貸し付けることができていました。そのために悪質業者も蔓延し、簡単に何の審査もなく簡単に貸付け、最終的に家を抵当に取られるなど、ちょっとした借金が人生を狂わせることになってしまった専業主婦もたくさんいました。社会の闇の部分などまったく知らない主婦を相手に、赤子の手をひねるように簡単に騙していた連中も多くいたようです。
しかし改正によって総量規制という法律が加わり、一般消費者金融では一切専業主婦に対して融資をすることはできなくなったのです。

総量規制とは・・・

この総量規制という法律は、年収の3分の1までしか貸付けることができないというものです。専業主婦の場合、収入はゼロということなので、まったく貸し付ける対象ではないということになりました。今、専業主婦に貸し出すことができるのは配偶者貸付けというものと総量規制がかからない銀行カードローンだけとなります。配偶者貸付とは夫の収入を専業主婦の収入と見なすもので、配偶者の確認や収入確認などが必要になるものです。

 

だから人気が高まっている銀行系のカードローン

そして銀行カードローンの場合はこの総量規制が科せられていないので、専業主婦対象の商品も出ています。夫の収入確認などが必要なものがありますが、それ以外に専業主婦独断で借りることのできるカードローン商品も揃っています。
この場合はもちろん限度額の低いもの中心で、家計のやりくりでも返すことのできる10万円未満程度の借金ができる商品となります。それなら簡単な審査で即日キャッシングができるものもあり、安全に借金ができるため、とても人気となっているのです。

 

安心はできない

今は総量規制という法律によって一般の消費者金融は、簡単に専業主婦にキャッシングをさせることはできません。
それ自体はとっても安心なので、今後悪徳業者の被害者が減ることと思います。
この法律を破った場合はとても重い罪が科せられることになりましたが、そんな法律などまったく無視して、困っている専業主婦に貸し出し、悪どい商売をしている連中がいなくなったわけではありません。
また言葉巧みに法の網の目をくぐろうとする連中もいるはずです。
そのためお金がないのに簡単に買い物をする、ギャンプルをするなどは極力やめましょう。
そしてどうしてもというときに、返せる分だけの借金をするようにしたいものです。
特別なことがない限り、簡単に返せる分の借金までが、その人にとって安全な借金額なのです。
簡単に返せない金額は借りることの問題より、その原因を根本から改善しなければ大変なことになるという意識をしっかり持ちましょう。

主婦キャッシング一覧はこちら